Japanese 日本語

Step 3: 聖書

スマートフォン用のテキストをダウンロードする(日本語と英語)
印刷できるテキストをダウンロードする (日本語と英語) 

「ネクストステップ」は私たちがクリスチャンとして神様の「使命」そして、神様の「聖書」という2つの分野において成長するために作られました。

←使命→ この世という「外」に目を向け、私たちの生活という「内」に目を向けましょう。 


←ミッション・トレーニング あなたはイエスの「弟子を作るように」という素晴らしい任命にどのように反応するでしょうか。もしかしたらあなたは「私はまだ準備できてない」とか「私まだ十分知らない」とか、「私にはできない!」と考えているかもしれません。しかし、私たちの自信は私たち自身にはなく、私たちの中にある霊を通して働かれる神様にあります。

エペソ3:20~21「どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、教会により、またキリスト・イエスにより、栄光が、世々にわたって、とこしえまでありますように。アーメン。」

神様の「わたしたちのうちに働く力」とは聖霊のことです。パウロとイエスの弟子たちを説教するように強めたのと同じ聖霊があなたを強めることでしょう。イエスを死から蘇らせたのと同じ霊があなたと共にいるのです!(エペソ 1:19-20) 聖霊はあなたが何を言ったらいいかわからない時に、あなたに言葉を与えてくださるでしょう。(ルカ 12:12) 聖霊はあなたのメッセージを聞いている相手の心を開いてくださることでしょう。(使徒の働き 16:14) 聖霊はあなたを、弟子を作ることができるような活力を持てるように助けてくれることでしょう。(コロサイ 1:29) 信仰の一歩を踏み出し、あなたの中で働いている聖霊があなたの想像を超えて働かれるという確信を持って、行って弟子を作りましょう。イエスはあなたにこのような約束してくださっています。「私はいつもあなた方と共にいる!」(マタイ 28:20)。


→アカウンタビリティー前回私たちは自分自身の証を、祈りリストの中にある1人以上の人に分かち合うという目標を設定しました。その目標は達成できましたか?達成できたどんな小さなことでも祝い、わたしたちの周りにいる人々にキリストの愛と福音を伝え続ける努力ができるように励まし合いましょう。


←目標と祈りあなたの祈りリストを見て、少なくとも一人以上選んでみましょう。次の2週間の間、あなたはどのように彼らにキリストのことを分かち合いますか?(例:証を伝える、福音を伝える、教会に誘う、ファーストステップを一緒に勉強する等)あなたが選んだ人の名前と設定した目標をグループ内で共有しましょう。それらの目標のために、そしてその目標を達成できるようにお互い祈り合いましょう。



↑聖書↓ 神のみ言葉を見上げて(上)、私たちの生活に目を向け(下)ましょう。


↑神様の御言葉の周りに集まること
:Step 3:聖書

私たちは祈りを通して神様に話します。神様は自身の言葉である聖書を通して私たちに語りかけられます。聖書を読む事で神様が私たちに何を言いたいのかを知ることができます。

聖書とは?
第2テモテ 3:16「聖書はすべて、神の霊感によるもの…」

聖書は神様の特別な啓示です。聖書は神様の言葉です。神様は聖書を書いた人の耳や心に語りかけました。聖書は人間の発明ではなく、神の力による本です。聖書は信頼でき、正確です。

なぜ聖書を読むの?
神様自身、そして神様の私たちへの約束を知るために読みます。神様は私たちがクリスチャンとしての信念と行動のなかで成長できるように聖書を使います。

第2テモテ3:16-17「 [16] 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教え戒め矯正義の訓練とのために有益です。[17] それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」

あなたが聖書を読む時、以下の質問をしてください
• この節を通して新しく学んだことは、私に神様、世界、自分自身、それぞれを信じることについて何を教えていますか?
• どのような間違った信念をこの節は非難していますか(戒める)?
• あなたの人生でどんな罪深い行動をこの節は指摘していますか(矯正)?
• どのような正しい振る舞いを取ることを私に教えていますか(義の訓練)?

分かち合う:聖書があなたに何かを教え、戒め、矯正し、義の訓練をしたときの話をシェアしましょう。 

ヘブライ4:12−13「 [12] 神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。[13] 造られたもので、神の前で隠れおおせるものは何一つなく、神の目には、すべてが裸であり、さらけ出されています。私たちはこの神に対して弁明をするのです。」

聖書は2000年以上も前に書かれましたが、聖書は今日神様が私たちに直接話しかけておられるかのように生きている言葉なのです

どのように聖書を読む?
私たちは学んだ聖書の教えに応えるために、喜びに満ち溢れた、従順で熱心な姿勢で聖書を読む必要があります。

ヤコブ1:22「また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。」

神様が私たちに示して下さった真実を知ったり、又は神様が非難しておられる罪に気付いたあと、私たちは理解を行動をもって反応する必要があります。神様の言葉を単に読み、学び、聞くだけでは十分ではなく、従わなくてはなりません。         

どのように聖書を読み始めたらいい?
時間場所計画が必要です。

時間:毎日聖書を読むことに集中できる時間を見つける。多くの人が早起きをして、祈りと神様の言葉で一日を始めることが好きです。
場所:毎日聖書に集中できる場所を選ぶ:自分の部屋、公園、電車など
計画:聖書にある全ての本を通読するための計画を立てる。聖書を読むのが始めての人は新約聖書から読み始めると良いでしょう。

ステップを踏もう! 自分自身の聖書を読む時間、場所、そして計画をし、それをグループでシェアしましょう。計画をすぐに始めてください。次回、その計画がどう進んでいるかグループで話し合います。


↓交わりこの2週間、元気に過ごしましたか?この2週間の間に特別なことが何かありましたか?心の中に抱えている悩みがありますか?なにか祈ってほしいことがありますか?