Japanese 日本語

Step 1: 愛


クリスチャンとしての人生は、愛の中で常に学び成長し続ける神様と共にある旅です。 では、その旅はどこから始まるのでしょうか? イエスは簡単で誰もが理解できて、かつ私たちがクリスチャンとして一生をかけて従っていかなければならないほど大きなことである、クリスチャン人生の概要を与えられました。

マルコ12:28-31 [28] 律法学者がひとり来 て、その議論を聞いていたが、イエスがみ ごとに答えられたのを知って、イエスに尋ねた。「すべての命令の中で、どれが一番 たいせつですか。」[29] イエスは答えられ た。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、 唯一の主である。[30] 心を尽くし、思いを 尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』[31] 次には これです。『あなたの隣人をあなた自身の ように愛せよ。』この二つより大事な命令 は、ほかにありません。」

クリスチャンの人生は2つの命令にまとめることができます
1. 神を愛すること
2. 人を愛すること

毎日私たちはこの2つの目標を胸に生活する努力をします! 
 


① どのように神様を愛することができるか?

心と思い

神様は外面的に見える行動よりも、もっと多くのことを私たちに求めておられます。神様は私たちの心の奥底から溢れるものを望んでおられます。あなたの心とたましいの一番奥深い部分に毎日神様を招き入れてください。神様はあなたの1番近くて大切な関係でありたいと思っています。祈りと聖書を通して神様と良い時間を過ごしましょう(Step2と3参照)。そして、神様を礼拝しましょう(Step4参照)。

知性

神様を知るために与えられた知性、言葉、 意思を用います。神様のことを考え、神様のことばを勉強し学び、そして覚えましょう。

強さ、エネルギー、時間、能力を使って神様に仕えます。神様の使命に加わり( 下記、Step5参照)、神様に仕える(Step9参照)、職場、学校、家で神様のために働き(Step10参照)、そして、従いましょう。イエスは、「わたしを愛するなら、わ たしの戒めを守りなさい」と言いました。ヨハネ14:15


② どのように人を愛することができるか? 


イエスは自分自身のように隣人を愛しなさいと言いました。(マルコ12:31)

隣人とは誰のこと?イエスは、隣人は誰にでも なり得ると教えました (ルカ10:29-37)。 クリスチャンは敵を含め全ての人を愛しま す (マタイ5:44)。

「自分自身のように」とはどういう意味?イエスはマタイ7:12でとても簡単に説明してくださいました。「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。」 
 


適用:

イエスは私たちにどのように神を愛し、人を愛するかを、「他の人に神様の愛のメッセージを伝えるように」と命令することによって教えてくださいました。この命令への従順は神様への愛を表します。そして、クリスチャンは、神様を愛しているので伝道します。愛していることは、私たちは心から溢れる思いで、他の人におすすめします。それから、クリスチャンは、人を愛しているので伝道します。誰に対しても示すことができる最も大きな愛のある行動は「神様との関係へ招待される」という彼らの根本的な必要を満たすことです。
  
マタイ 28:18-20 「[18] イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。『わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。[19] それゆえ、あなたがたは行ってあらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、[20] また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。』」

どのように始めることができるでしょうか?

①祈りリスト

紙とペン、またはスマホのノートアプリを開きましょう。静かに落ち着いた雰囲気の中で神様に、家族や、友達、同僚、隣人、知人、あなたと関わるクリスチャンではない人全てを思いつくことができるように助けを求めましょう。それで、リストアップしましょう。何人の名前が挙がりましたか?あなたはそのリストにある人々のために毎日祈る必要があります。まずはじめに。神様があなたに彼らへ福音をどのように伝えるのかに対する知恵と、実際に伝える機会を与えてくださるように祈りましょう。次に、聖霊が彼らを整え、彼らに神様を慕い求める心を与えることによって、あなたが福音を伝えるときに彼らがイエスを信じ、受け入れるように祈りましょう。

②証

あなたは弟子を作るために、福音を伝える必要があります。なにげない会話の中で福音を紹介する助けになる話題は、あなたがどのように個人的にイエスと出会い、クリスチャンになったかを証言することです。あなたが自分自身の証を3分以内で伝えることができるなら、とても助けになるでしょう。しばらくの時間をとってブレインストームしてみましょう。あなたは自分自身の証を以下の質問に答えることによって伝えることができます。「あなたがクリスチャンになる前の人生はどのようなものでしたか?」「あなたはどのようにキリストと出会い、クリスチャンになりましたか?」「クリスチャンになった今の人生はどのようなものですか?」このことを友達や、家族との毎日の会話の中で分かち合うことを想像することを忘れないようにしましょう。あなたの証をあなたのスモールグループのメンバーの一人に伝えてみましょう。あなたの証の内容や、流れがより分かりやすいものになるように助け合いましょう。その後、もう一度あなたの証を喋る練習をしましょう。(もし可能であれば、スモールグループ内の別の人に喋ってみましょう)
 

③福音

あなたが自分自身のストーリーを分かち合った後は、イエスのストーリーを伝えます。あなたが福音を伝える方法の一つは、ファーストステップを一緒に学ぶように誰かを誘うことです。ファーストステップは4回だけのコースで誰でも、どこでも教えることができます。以下のリンクからアクセスできます:www.mustardseedosaka.com/teaching/first-steps

最後に、目標を決め、お互いのために祈りましょう。あなたの祈りリストを見てください。次の2週間の間で、あなたが自分自身の証を伝えたい一人から三人の名前を選びましょう。その名前をグループ内で分かち合い、彼らのために祈り合いましょう。次回、どうなったかお互い聞き合います!