Japanese 日本語

Step 5: 使命

スマートフォン用のテキストをダウンロードする(日本語と英語)
印刷できるテキストをダウンロードする (日本語と英語)  

「ネクストステップ」は私たちがクリスチャンとして神様の「使命」そして、神様の「聖書」という2つの分野において成長するために作られました。

使命→ この世という「外」に目を向け、私たちの生活という「内」に目を向けましょう。  


←ミッション・トレーニング第一ペテロ3:15「むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。」 

第二テモテ4:2 
「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。」 

あなたは、自分の家の前で「偶然」隣人に会います。ショッピングモールで新しい知り合いを作るかもしれません。同僚はあなたが日曜日に何をしていたかを聞くかもしれません。家族がそれとなくキリスト教に興味があることを伝えてくるかもしれません。友達が絶望を感じていると連絡してきて、あなたがどのように希望や平安を得ているか聞いてくることもあるでしょう。 

私達は、神様が、私達自身の信仰を分かち合う機会やドアをどのように、またはいつ開かれるか知りません。聖書が、いつも準備できているようにと教えているのはそのためです。あなたの信仰を他の人に分かち合い、説明し、擁護することに準備ができているようになる実際的な方法をいくつかあげてみましょう。     
• 教会の招待状をいつもいくつかもっているようにしましょう。
• よく聞かれる質問に答えることができるように、助けになる説教の動画やブログをブックマークしましょう。
• 聖書や聖書アプリをいつも持っているようにしましょう。
• あなたの証の話を、誰にも自然に伝えることができるように、いつも心の中で新鮮に保ちましょう
• 福音を簡潔に伝える方法を覚えましょう。
• 学ぶ人になりましょう。様々なキリスト教に関する本を読むことで、どんな本を勧めるかがわかったり、あなた自身が伝えたい考えを直接的に伝えることができるようになるでしょう。
• 助けになる聖句や、説教ノート、あるいは他の考えを記した日記(紙でもデジタルでもよい)をつけるようにしましょう。
• しばしば、あなたがクリスチャンになる前の人生はどのようなものだったかを思い起こしましょう。ノンクリスチャンとコミュニケーションをとる時、そのような見方から話すようにしましょう。
• 箴言27:17 「鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる。」絶えずスモールグループに参加しましょう。

数分時間を取って、イエス・キリストにあって私たちが持っている希望について人々に分かち合うために、他にどのように整えられることが出来るか話し合ってみましょう。 


→アカウンタビリティー前回私たちは自分自身の証を、祈りリストの中にある1人以上の人に分かち合うという目標を設定しました。その目標は達成できましたか?達成できたどんな小さなことでも祝い、わたしたちの周りにいる人々にキリストの愛と福音を伝え続ける努力ができるように励まし合いましょう。


←目標と祈りあなたの祈りリストを見て、少なくとも一人以上選んでみましょう。次の2週間の間、あなたはどのように彼らにキリストのことを分かち合いますか?(例:証を伝える、福音を伝える、教会に誘う、ファーストステップを一緒に勉強する等)あなたが選んだ人の名前と設定した目標をグループ内で共有しましょう。それらの目標のために、そしてその目標を達成できるようにお互い祈り合いましょう。


↑聖書↓ 神のみ言葉を見上げて(上)、私たちの生活に目を向け(下)ましょう。


↑神様の御言葉の周りに集まること
:Step 5:使命

神様の使命
ヨハネ 3:16 [16]「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。[17] 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。」

神様には罪から世界を救うという使命があります。神ご自身の栄光と私たちへの大きな愛に動かされ、その使命のために、私たちの世界に息子であるイエスを送られました。イエスは罪のために死に、その死に勝利してよみがえりました。

神様の心:
第1テモテ 2:3-4「[3] そうすることは、私たちの救い主である神の御前において良いことであり、喜ばれることなのです。[4] 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」
神様は全員に救われて欲しいと思っています。でも彼らはまず初めに聞かなくてはなりません! 

ローマ 10:13-15「 [13]「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。[14] しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。[15] 遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。『良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。』」

誰が行って伝えるのでしょうか?神様はあなたが神の使命の一部になるようあなたを呼んでいます!

分かち合う:神様は誰を用いてあなたに福音や神の愛について語りましたか?

あなたの使命
第2コリント 5:18-20「[18] 18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。[19] すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。[20] こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。」

今までクリスチャン1人1人は、他の人々を神様と和解させるという奉仕をするために神様と和解してきました。

神様の使命はあなたの使命です!使命を自分のものにしましょう!

私たちの使命
私たちはこの使命において1人ではありません。この使命は教会全体の使命です。私たちは、神様に対して無知で罪に縛られている人々のために福音を伝えていくことを望んでいる戦士たちの集まりです。

「教会の使命は、世界中に出て行き、聖霊の力によりイエス・キリストの福音を述べ伝えることによって、弟子をつくり、そしてその弟子たちを教会に集め、彼らが今の世でも後の世でも、父なる神の栄光のために主を礼拝し、主の戒めに従うようにすることです。」ケビン・ディヤン牧師

私たち自身と教会へ、イエスは最後にこうおっしゃられました:マタイ 28:18-20「[18] イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。『わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。[19] それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、[20] また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。』」

信仰を分かち合う方法
・どのように、また、なぜあなたがクリスチャンになったかの証をシェアしましょう。
・友達や家族にいつかにイエスの話ができるか聞いて福音を伝えましょう。ファースト・ステップのバイブルスタディを使うこともできます。
・ヨハネの福音書や道を探しや二つの生き方などの本のコピーを誰かに渡して読んでもらい、それについて一緒に話し合いましょう。

ステップを踏もう!


↓交わりこの2週間、元気に過ごしましたか?この2週間の間に特別なことが何かありましたか?心の中に抱えている悩みがありますか?なにか祈ってほしいことがありますか?