どんでもない失敗: ペテロ from Mustard Seed Osaka on Vimeo.

スモールグループの勉強

贖いとは何か?  この数週間ほどわたしたちは、パウロ、ダビデ、イエスのたとえ話の中の弟、そしてペテロという4つのとんでもない失敗のストーリーとそれらに対する神様の驚くべき贖いを見てきました。贖いとは、神様が醜いものを美しくされ、暗いものを光へ、悪を善へ、壊れたものを新しくされるということです。以下の聖句にある素晴らしい描写を見てみましょう。    
詩篇103:2~5「[2] わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。[3] 主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、[4] あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、[5] あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、わしのように、新しくなる。」    
わたしたち全ては、それぞれの贖いのストーリーを持っています。救いの個人的な証であったり、私たちが落ちていた、たくさんの「穴」の一つからの贖いのストーリーかもしれませんが、どちらにしても神様は誠実で、恵み深く私たちを贖われ、「恵みとあわれみとの冠をかぶらせ」てこられました。贖いの個人的なストーリーを少なくとも一つシェアしましょう。(皆が複数のストーリーをシェアできると素晴らしいですね) 

何故神様は私たちを何度も何度も贖われるのか? 申命記7:6~8を読んでみましょう。「[6] あなたは、あなたの神、主の聖なる民だからである。あなたの神、主は、地の面のすべての国々の民のうちから、あなたを選んでご自分の宝の民とされた。[7] 主があなたがたを恋い慕って、あなたがたを選ばれたのは、あなたがたがどの民よりも数が多かったからではない。事実、あなたがたは、すべての国々の民のうちで最も数が少なかった。[8] しかし、主があなたがたを愛されたから、また、あなたがたの先祖たちに誓われた誓いを守られたから、主は、力強い御手をもってあなたがたを連れ出し、奴隷の家から、エジプトの王パロの手からあなたを贖い出された。」
神様がイスラエル国民を贖われた動機と、私たちを贖われる動機は同じです。上記の聖句によると、その動機とは何ですか? 

私たちの贖いの基礎となっているものは何か?  贖いの意味が指し示すように、神様は私たちを贖う代価を支払われました。 ガラテヤ3:13を読んでみましょう。「キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、『木にかけられる者はすべてのろわれたものである。』と書いてあるからです。」 エペソ1:7を読んでみましょう。「私たちは、この御子のうちにあって、御子の血による贖い、すなわち罪の赦しを受けているのです。これは神の豊かな恵みによることです。」 
イエスの十字架上での死は、私たちが犯す全ての罪や失敗を補うのに十分です。それは私たちに対して犯される罪全てを補うのにも十分です。あなたが犯した失敗、罪、あるいはあなたに対して犯された罪で、神様が、悪を善へと贖われると信じることが難しいと感じるものがありますか? 

「イエス・キリストにある驚くべき贖い」を行われる神様を賛美しましょう!