ヤコブの手紙2:1-7を読みましょう   「私の兄弟たち。あなたがたは私たちの栄光の主イエス・キリストを信じる信仰を持っているのですから、人をえこひいきしてはいけません。あなたがたの会堂に、金の指輪をはめ、立派な服装をした人がはいって来、またみすぼらしい服装をした貧しい人もはいって来たとします。あなたがたが、りっぱな服装をした人に目を留めて、「あなたは、こちらの良い席におすわりなさい。」と言い、貧しい人には、「あなたは、そこで立っていなさい。でなければ、私の足もとにすわりなさい。」と言うとすれば、あなたがたは、自分たちの間で差別を設け、悪い考え方で人をさばく者になったのではありませんか。 よく聞きなさい。愛する兄弟たち。神は、この世の貧しい人たちを選んで信仰に富む者とし、神を愛する者に約束されている御国を相続する者とされたではありませんか。それなのに、あなたがたは貧しい人を軽蔑したのです。あなたがたをしいたげるのは富んだ人たちではありませんか。また、あなたがたを裁判所に引いて行くのも彼らではありませんか。あなたがたがその名で呼ばれている尊い御名をけがすのも彼らではありませんか。」    
今日社会で不公平さを示している人々をどのように思いますか?  

正直に告白すると、あなたは今までどのように不公平さを示してきましたか?  

教会で人種差別や不公平さ、不平等な判断を終わらせるために何が必要だと思いますか?また社会全体ではどうですか?  

申命記10:17-18を読みましょう  「あなたがたの神、主は、神の神、主の主、偉大で、力あり、恐ろしい神。かたよって愛することなく、わいろを取らず、みなしごや、やもめのためにさばきを行ない、在留異国人を愛してこれに食物と着物を与えられる。」  

ローマ人への手紙2:11を読みましょう  「神にはえこひいきなどはないからです。」  

あなたはどうして神様が不公平さを示さないことを喜びますか?  

ヤコブの手紙2:8を読みましょう  「もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」という最高の律法を守るなら、あなたがたの行ないはりっぱです。」   
 
ルカの福音書10:25-37を読みましょう  
『すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスをためそうとして言った。「先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」イエスは言われた。「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」すると彼は答えて言った。「『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』また『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』とあります。」イエスは言われた。「そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。「では、私の隣人とは、だれのことですか。」イエスは答えて言われた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎとり、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。同じようにレビ人も、その場所に来て彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。ところが、あるサマリヤ人が、旅の途中、そこに来合わせ、彼を見てかわいそうに思い、近寄って傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで、ほうたいをし、自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行き、介抱してやった。次の日、彼はデナリ二つを取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』この三人の中でだれが、強盗に襲われた者の隣人になったと思いますか。」彼は言った。「その人にあわれみをかけてやった人です。」するとイエスは言われた。「あなたも行って同じようにしなさい。」』    

歴史的に見て、ユダヤ人とサマリア人のあいだには人種的な強い分け隔てがありました。最初の二人の宗教的な男たちは、誰もが強盗に襲われた男を助けるだろうと期待する中で、何もせず通り過ぎました。驚くことに、サマリア人の男はこの強盗に襲われたユダヤ人を助けたのです。イェスは不公平さを示さないだけでなく、私たちと異なる人々を積極的に愛するようにも求めています。  

あなたはルカの福音書10章のイェスの言葉にどのように罪の意識を感じましたか? 「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という命令にどのように従う必要がありますか?    

ヤコブの手紙1:27を読みましょう  「父なる神の御前できよく汚れのない宗教は、孤児や、やもめたちが困っているときに世話をし、この世から自分をきよく守ることです。」  

孤児や寡(やもめ)たちは、1世紀の世界では自力で暮らすことのできない生活に困っている人々の代表的な例です。孤児ややもめたちを含め、今日私たちの社会ではどのような生活に困っている人々が存在するでしょうか? どのように個人的なレベルで生活を助けてあげることができますか?