イエスと共に歩む:勝利の入城 from Mustard Seed Osaka on Vimeo.

スモールグループの勉強:
ルカの福音書19章37〜38節
「イエスがすでにオリーブ山のふもとに近づかれ たとき、弟子たちの群れはみな、自分たちの見 たすべての力あるわざのことで、喜んで大声に 神を賛美し始め、こう言った。「祝福あれ。 主の御名によって来られる王に。天には平和。 栄光は、いと高き所に。」 」
この聖句は、イエスが王であることを教えています。クリスチャンたちは、イエスを王として従い、イエスの絶対的権威を受け入れます。私たちはイエスに従い、礼拝する信仰によってイエスに応じます。

質問:最近で、「王イエス」があなたに何かご命令されましたか?(聖霊によって聖書を読んでその内容に耳を傾けるようにと導かれたかもしれません。)

ルカの福音書19章41〜42節
「エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、 その都のために泣いて、42 言われた。「おまえも、も し、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。 しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。 」

イエスは、エルサレムの街に住む多くが神を拒否し、罪に戻っていくので、悲しみの涙を流されました。

質問:私たちの街や、社会の中で、何がイエスを悲しませると思いますか?
質問:私たちの生活の中でのどのような罪、あるいは心の中での感情や考えによる罪がイエスを悲しませますか?

ローマ人への手紙12章1節
「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみの ゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだ を、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささ げなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。 」

クリスチャンは、日曜日だけではなく、生活全てを神に捧げることによって神を礼拝するべきです。 

質問:今週、どのようにあなたの「行動」や、「純潔さ」、「大胆に証をする」ことによって神を礼拝することが出来ますか?